亜鉛のアレルギーとアトピーについて

亜鉛のアレルギーとアトピー

ここでは亜鉛アレルギーとアトピーについての説明をしています。

亜鉛とアトピーの関連性とはなにか。亜鉛アレルギーの方がアトピーを治すにはどの様な治療が必要なのか。それらをまとめていますので、ぜひ参考にしていってください。

<亜鉛のアレルギーとは>

亜鉛のアレルギーとは、文字通り亜鉛に対するアレルギー反応のことを言います。この場合の亜鉛のアレルギーとは、体内に取り入れる亜鉛ではなく亜鉛を含んだ金属のことの方が多いでしょう。

たとえば虫歯の治療後に入れられる銀歯の事です。分かりやすい症状として舌に蕁麻疹が出てくるでしょう。そうでなくとも全身のどこかに蕁麻疹ができる事が多いです。そして、その他にも腎炎喘息が挙げられます。

しかし、そうであるなら金属類を避けるだけでアレルギー症状を抑える事ができます。問題は体内に取り入れた亜鉛が原因でアレルギー反応が出る場合です。人間とは亜鉛なくして生きる事ができません。ですから、普通に食生活しているだけならとくに問題はありません。問題なのは食生活に偏りがあり、亜鉛のサプリメントなどを摂取し始めた場合です。

この場合は亜鉛の摂取量が必然的に増えてくるため、亜鉛のアレルギー反応が顕著になります。そこから読み取れるのは必要以上に亜鉛を摂取してはダメだという事です。ですから、亜鉛アレルギーがある場合はできるだけ食生活で亜鉛を摂取する事をお勧めします。

<アトピーと亜鉛>

アトピーと亜鉛はなんら関わりないように見えますよね。しかし、実は亜鉛とアトピーは大きな関わりがあるのです。というのも、アレルギー反応が起きると活性酵素と呼ばれるものが大量に発生し炎症を起こします。この炎症を分かりやすく言うならアトピーの症状ですね。

しかし、人間には免疫力というものがあるのですから、当然その機能が働きます。活性酵素除去酵素と呼ばれるものが炎症を抑えるために動き出すのです。そして、この活性酵素除去酵素に亜鉛が大きく関わっているのです。

他にもプロスタグランジンという喘息などを抑えるホルモンとも関わりがあります。つまり何が言いたいのかというと、亜鉛が不足していると活性酵素除去酵素やプロスタグランジンが正常に働かない場合があるのです。

逆に言えば、必要な亜鉛を摂取していればそれらの機能が正常に働き、アトピーは確実に完治への道を突き進むというわけです。

<アトピーは治るのか>

アトピーは治るのかというと当然治ります

では、どのようにして治すのかというと、病院に通い治療してもらうことと亜鉛を摂取する事です。亜鉛アレルギーでない場合は亜鉛のサプリメントを摂取するだけで事足ります。

しかし、亜鉛アレルギーの場合は亜鉛のサプリメントを摂取するとアレルギー反応が出る場合があるのでおすすめできません。ですので、まずは食生活から改める事をお勧めします。

大多数のものは野菜、魚、肉と満遍なく食べていますが、亜鉛が不足している方はどこか偏食の気質があるので、偏食のままでは亜鉛を摂取する事はできません。

ですので再度言いますが、アトピーを治したいのであれば亜鉛は必要不可欠なので食生活を改める事です。それが病院に通わずできる、治療の一種なのです。