女性におすすめの亜鉛サプリとその効果

<亜鉛サプリ摂取による女性への効果は?>

女性は見た目にこだわる人が多いですが、年齢を重ねてくるとホルモンバランスの乱れや子宮などの女性機能の低下などにも気を配る必要があります。外見の要望の衰えだけでなく、生理周期や髪の毛が昔より少なくなったといった問題が起こると、女性としていよいよ終了間近か…。と憂鬱な気分になる人も多いと聞きます。

まだ若い人も亜鉛は大切な栄養素で、亜鉛が不足するとホルモンバランスの乱れによる生理不順になったり、お肌の新陳代謝がしっかり行われなくなって肌荒れや皮膚疾患、乾燥肌などが起こりやすくなってしまいます。

亜鉛は地味で目立たない栄養素ですが、女性の美と深い関わりがあるのです。

そんな亜鉛ですが、食事から充分に摂取するのが割と難しいため、亜鉛サプリで補っている人が多く見られます。

亜鉛サプリ摂取による女性への効果はどのようなものがあるのでしょうか?

<亜鉛には女性ホルモンの分泌を正常に行わせる効果が>

亜鉛の重要な働きの一つには、女性ホルモンの分泌を正常に行わせる効果があるとされています。

人間の体内では様々なホルモンが働いていますが、女性ホルモンだけでなく、血糖値を下げるインシュリンや性ホルモンは亜鉛が足りないと分泌が促されないので、これだけでも亜鉛がどれだけ重要な栄養素かがわかります。

女性が亜鉛サプリ摂取した場合、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。女性ホルモンは生理や妊娠と深い関わりがありますので、体が必要としている亜鉛をしっかり摂取すると女性機能が整って生理不順などにも効果があると言われています。

■卵胞ホルモン・エストロゲンと黄体ホルモン・プロゲステロン

脳からホルモン分泌の指令を出すと、卵胞ホルモンや黄体ホルモンが分泌されます。排卵前には卵胞ホルモンが多く出され、排卵後には黄体ホルモンが多く出されます。

女性の体は卵胞刺激ホルモンが分泌されると原子卵胞が成長するようにできていますが、卵子が十分に成熟すると排卵され、タイミングが合えば妊娠できるというメカニズムです。

亜鉛は脳から指令を受けた後にこれらの女性ホルモンを生成するために欠かせない栄養素です。もしも亜鉛不足になっていると、充分にホルモンを分泌する事が出来ない上に卵子もうまく作り出せなくなります。

<女性が亜鉛の摂取不足になるとこうなる>

上記でも書いたように、亜鉛の摂取不足による女性への影響は時に深刻な問題となります。

亜鉛が不足すると女性ホルモンの生成がうまく行われず、結果的に卵子の成長がうまくいかなかったり無排卵になってしまいます。必要な時に必要なホルモンが分泌されないため、月経不順や不妊症の原因へつながっていきます。

亜鉛は体内で数々の役割を果たしています。そのうちの一部が女性機能の向上や維持なのですが、亜鉛の女性への効果は卵子の細胞分裂を正常に行わせるというのもあります。

卵子にも亜鉛が必要で、しっかりと成熟した健康な卵子が作られるために必要不可欠です。未熟な卵子がそのまま排卵されても、受精しづらい事が多いと言われています。

女性が亜鉛不足だと気付いたら、なるべく早く亜鉛サプリを摂取してそれを補うようにしましょう。長らく亜鉛不足のまま放置していると女性ホルモンの分泌に支障が出始め、その後に月経不順になり、いずれは不妊症の原因となっていきます。

生理不順は割と女性に多く見られるので軽視されがちですし、それが自分のバイオリズムなのだと思い込んでいると後から後悔するかもしれません。

特に近年は男女ともに婚期が遅くなっている傾向にあるので、高齢出産の割合も増えてきています。将来健康な赤ちゃんを授かるためにも、若いうちから体をメンテナンスして備えておく事が重要です。

また、無理なダイエットをすると亜鉛が不足しがちになります。ダイエットをストイックに行い過ぎた人が生理が止まってしまうのは亜鉛不足も原因の一つなので、不足しがちな栄養素をせめてサプリで補うようにしましょう。

<亜鉛摂取はバストアップに効果的>

亜鉛サプリ摂取でしっかりと必要な量の亜鉛を摂っていると、バストアップに効果的だと言われています。女性の魅力のアピールポイントの一つであるバストは、多くの女性が気にしている部分です。

女性ホルモンを生成するのに必要な亜鉛を摂取しておく事で、より魅力的な体作りをしていく事が可能です。

■亜鉛と大豆イソフラボン

バストアップのサプリなどでは大豆イソフラボンが配合されている製品が多いですが、これは服用する事で女性ホルモンの代替えのようなものを摂取できるというものです。そのため過剰に摂取するのは好ましくないという話もあります。

亜鉛の場合は女性ホルモンを体内で作り出すのに役立つ栄養素なので、この点でイソフラボンと違いがあります。

どちらも過剰摂取は良くないので用量を守って摂取しましょう。多く飲んだからといって胸が早くボンボン大きくなるわけではありません。

■女性ホルモンを増やすならイソフラボンより亜鉛

亜鉛は体内で様々なホルモンの生成に使われています。卵胞ホルモンも黄体ホルモンも、脳が必要だと感じたら指令を出し、亜鉛が使われて女性ホルモンが分泌されます。

女性ホルモンはバランスが大事で、これが乱れると女性機能のトラブルになる事があると言われています。大豆イソフラボンの場合は亜鉛のように臨機応変に女性ホルモンを作るのに役立つわけではなく、特定の女性ホルモンを無理矢理増やすタイプの成分です。

サプリで女性ホルモンを増やすのであれば、バランスを崩さずに体内で必要なホルモンを作り出してくれる亜鉛の方がおすすめです。

■亜鉛サプリを摂取すると成長ホルモンが分泌される

女性がバストアップを目指すのであれば、成長ホルモンの分泌を促すとより効果的だと言われています。亜鉛は成長ホルモンの分泌も促してくれます。

成長ホルモンというと思春期だけ分泌されるようなイメージですが、実際は成人した大人も分泌されているため、バストアップを狙っている女性は亜鉛サプリを適切に摂取するのがおすすめです。

<生理痛がひどい…亜鉛サプリで対策できる?>

生理痛の原因も人それぞれですが、一部の生理痛には亜鉛サプリ摂取で対策できるものがあります。

性ホルモンのバランスの乱れを起こしている場合がそれになります。女性ホルモンの分泌が正常に行われるのに必要な亜鉛が足りないと、卵子の育成に支障が出ます。

このように文章で書くと、毎月の生理で結局排卵されてしまえば一緒だと感じる程度ですが、亜鉛不足は排卵の遅れや無排卵を引き起こします。

これによって生理痛がひどくなったり、時には無月経を引き起こす事もあります。亜鉛サプリはこのような体の不具合が出るのを予防するのに役立ちます。

■女性の亜鉛不足は子宮内膜に影響する

亜鉛不足で女性ホルモンが充分に分泌されないと、子宮内膜が剥がれ落ちるのが早くなります。亜鉛不足で女性ホルモンが減少してしまうと、生理痛がひどくなってしまう事もあると言われています。

また、女性ホルモンのバランスが崩れると女性は肉体的にも精神的にも様々な支障が出てきます。生理前にいつも以上にイライラしたり落ち込んだり、眠気を感じたり、体に不調を感じたりする生理前症候群は亜鉛不足が原因の可能性があります。

生理痛や生理前症候群の改善をするためには、亜鉛サプリで不足している亜鉛を補うと共に、その他の栄養バランスにも気を付けて食事をする必要があります。

朝食べない・パンなどの軽い物で食事を済ませる・カップラーメンばかり食べているといった食生活の人は特に要注意です。

<生理前に不調をきたす月経前症候群は亜鉛などのミネラルに関係が>

マサチューセッツ大学の調査では、月経前症候群で不調を感じている女性はミネラルバランスが悪いという事実が判明しています。

三千人程度の女性のデータを集めた物ですのでかなり信憑性は高いです。この調査では月経前症候群があるグループと無いグループでの比較も行われていたようです。

その結果、ミネラル分の摂取量が少ないほど月経前症候群に悩まされているという事が判明し、1日15mgを摂取する事で生理前症候群に効果的だという事も見えてきたそうです。

女性の場合は15mgなら一日の摂取上限量の半分以下ですので、亜鉛の摂り過ぎになる事も副作用が出るリスクも少なく、効果的に亜鉛を摂取していく事ができます。

ちなみに日本人女性の成人は1日12g程度の亜鉛を摂取する事が推奨されています。15mgでも問題はほとんどないと考えられていますので、月経前症候群に悩まされている方はこのくらいを目安に亜鉛を摂取しましょう。

亜鉛の含有量がわかる亜鉛サプリならどれくらい摂取したかがわかりやすいのでおすすめです。普通の食事からも摂取できるので、足りない分を補っていきましょう。

通常の食事では食べ合わせなどの影響で吸収率が悪い事も多く、食べた物に含まれる亜鉛のうち7割は体外にそのまま排出されてしまうと言われています。亜鉛の吸収力を高める配合がされているサプリなら効率よく亜鉛を摂取していく事が可能です。

また、亜鉛以外ではカリウムも効果的だと言われています。

<不妊症の女性は肉を食べよう>

亜鉛は細胞分裂やたんぱく質の合成に使われる大切なミネラルですが、亜鉛が不足すると良い状態の卵子を作る事ができなくなってしまいます。未成熟のまま排卵されればうまく受精されないですし、たとえ受精したとしても流産のリスクが高まってしまいます。

また、正常な卵子が受精卵となっても、その後に亜鉛不足になると細胞分裂がうまくできずに流産してしまう事もあります。

不妊症の人はお医者さんで治療を受けている人も多いですし、医師のアドバイスに従って色々な事をやっている人もたくさんいると思います。

不妊症の人は牛肉などのお肉や牡蠣を積極的に食べるのがおすすめです。肉類には亜鉛が多く含まれており、タンパク質も摂取する事ができます。タンパク質と一緒に食べると亜鉛の吸収率が高まるそうなので、意識して食生活に取り入れてみましょう。

<ダイエットで亜鉛不足に陥る弊害>

亜鉛やその他の栄養不足になりながらダイエットして成功しても見た目だけの問題ですが、不妊の場合は理想の人生設計まで狂ってしまう事がある切実な問題です。一時の無茶や横着で亜鉛不足になり、それによって出た体の不調を無視していると後から不妊などになってしまう事もあります。

気を付けていないと太ってしまう体質の女性はダイエットをしたことがある人も多いです。食べないダイエットなど、間違ったダイエット方法を未だに行っている人もいます。

女性の亜鉛不足は日本人だけでなく、世界的に見ても多いそうです。亜鉛はただでさえ不足しがちな栄養素で、三食バランスよく食事を行っていても不足する人もいたりします。

食べる量を減らすダイエットを行えば、ただでさえ亜鉛不足なのに一層輪をかけてしまう事になります。摂取カロリーという数字だけを追うのではなく、体に最低限必要な栄養をキープできるように努力するのがキレイにダイエットし、女性の魅力あふれる体を作っていくコツになります。

ダイエットをしている女性からはよく「胸から痩せていく」という言葉が聞こえてきますが、バストアップとも関係する成長ホルモンや女性ホルモンの生成に関わる亜鉛の量が不足すれば当然の事と言えるかもしれません。

<亜鉛サプリ摂取で亜鉛を補うのはやはり女性に効果的>

亜鉛を摂取する事で、女性への効果は多大なものである事がわかりました。女性のホルモン分泌だけでなくその他の大事なホルモン分泌に関わるほか、お肌のターンオーバーを助ける新陳代謝のアップや卵子の細胞分裂を助ける効果、バストアップなど、亜鉛には女性力を追求する上で重要なウエイトを占める効果が期待できるポテンシャルがあります。

亜鉛が不足しがちな女性にとっては、やはり亜鉛サプリを摂取して補うのが効果的です。毎日亜鉛が含まれている食品を組み込んだ食事のことを考えるのは大変ですので、亜鉛が不足していると思ったら亜鉛サプリメントを摂り入れてみましょう。

亜鉛サプリはそんなに高くないのもうれしいですね。