マカの効果とお薦めのサプリメント

マカサプリメントの効果

マカサプリメントの効果

マカサプリメントの効果

マカは、南米ペルー原産の多年生植物で、ペルー国の輸出の特産品となる物です。
日本には、ペルー在住の日系フジモリ大統領が来日し健康食品として紹介しました。
以来、マカは強壮作用が有る事から、輸入を拡大し多くのサプリメントに用いられる事になりました。

マカの効果

マカの根は必須アミノ酸、鉄、カルシウムなどのミネラルを含む成分が含まれ、脂肪酸やビタミンB、ビタミンC、なども多く含まれています。
それらの働きにより疲労回復や、ストレスの解消にも役立っています。

マカは若年性更年期障害のホルモン補充療法での効果も有り、ストレス更年期障害の改善にも役立つと言われています。

何よりマカサプリメントは、男性の精力回復剤として重宝されていましたが、強壮作用は男女ともに効果が有り、女性ホルモンバランスの正常化や、正常化する事によって生理不順の改善、更に女性に多い冷え性、不妊症なども改善されると言われています。
その為、マカサプリメントを常用する女性も多く、女性向けマカサプリメントも広く販売されています。

マカはペルーでは、年間平均気温7度以下の高地で栽培される根茎野菜で根茎部分は小麦やコメを上回る栄養価が有り、ペルーでも煮たり焼いたり、発酵飲料マカチーチャの原料にもしています。

国産マカ

近年は福島県で栽培されていて、サプリメント始め、粉末やお茶にして販売されています。男性は主に強壮剤として、女性には不妊や冷え性、美肌、更年期障害の改善などの目的で、無農薬で栽培し販売されていて、ペルー産より色々な成分が多く含まれている事を訴えています。

福島産は、竜眼肉、さんざし、乾姜、紅花、桂皮などをマカと配合しているようです。
これらの多くは漢方薬の原料に使われている物で、効果は期待させますが身体に合った物を選ぶのが賢明です。

竜眼肉とは、沖縄や台湾などの温かい所で育つリュウガンの果肉を乾燥させたもので、滋養強壮、貧血や産後の肥立ちなどに効くとされる物です。
さんざしは消化吸収を助ける作用が有り、乾姜はしょうがの事で胃腸の冷えなどに効果が有ります。
紅花は主に染料や着色料に使われる物で、乾燥させた紅花は血行促進作用が有る生薬で漢方薬の原料として使われています。
桂皮はクスノキやシナニッケイの樹皮で体を温め、発汗、発散作用が有るとされる生薬の事です。

それらを配合することによって、より効果的で色々な症状に対応できるマカサプリメントを作っています。

ペルーの様に、ほぼ寒冷地で寒暖差の有るハウス栽培が行われていますが、栽培までには相当な失敗と苦労が有ったようです。

ペルーから日本へはマカの粉末にしたものを輸入しています。
粉末で来るためサプリメント加工食品での利用しか出来ない物に成っています。

福島産のマカは今後、根茎野菜として利用できる食品に成っていくかもしれません。

にんにくサプリメントの効果

にんにくサプリメント

にんにくサプリメント

亜鉛と同じく、精力や滋養強壮に効果的な食品であるにんにくの効果についてお話します。

にんにくの一番の効果は滋養強壮疲労回復と言われています。
疲労回復にはビタミンB1が欠かせない成分とされていて、にんにくの成分にはビタミンB1が多く含まれ、植物繊維やタンパク質なども多く含まれています。

にんにくの匂いの素のアリシンと言う物質が、ビタミンB1を取り入れやすい効果を発揮し、疲労回復につながるのです。

にんにくには、アドレナリンやポリフェノールと言うものも含まれています。
アドレナリンは、血液のめぐりを良くするものとされ、健康や美容に効果的と言われています。

ポリフェノールは、抗酸化作用が強いもので活性酸素の増加を防ぎ、老化を防ぐ役目も果たしています。

抗酸化作用は、血管の老化も防ぎ血液をサラサラにする効果も有り、動脈硬化の予防にもなっています。

血液をサラサラにする効果は、血流を良くする事につながり、血流が良くなる事により女性に多い、冷え性や肩こり、腰痛などの効果を発揮します。

アリシン

にんにくは天然の抗菌薬とみなされ、特にアリシンは病原酵母やサルモネラ菌を殺菌する効能があります。
ただ、にんにくは滋養強壮、疲労回復や風邪の予防などに効果を発揮しますが、アリシンにより口臭や体臭が比較的長く続く弱点も有ります。口臭や体臭は他人を不快にする事から色々な調理法とかを考えなければなりません。
にんにくはオイルにすることによって、更なる代謝の促進になります。
これは、匂いの素のアリシンが、加熱することによって有害な活性酸素を取り除き、血液をサラサラにする効果が有るのです。

サプリメント

医薬品は病原菌に直接働きかけ改善する方法です。
サプリメントは栄養補助食品であり、病気に至る以前の症状などを改善する自然治癒力を高める役割を果たすものです。
日頃から免疫力を高め、自己防衛の機能を高めるためにサプリメントを利用します
色々な食材を使った物や、成分のサプリメントの中でも、にんにくのサプリメントは滋養強壮疲労回復除菌などには、優れた働きをします。

効果

にんにくサプリメントにも様々なサプリメントが販売されています。
にんにくと卵黄、にんにくと生姜、にんにくと酢などが有り摂取するのに迷う位です。
錠剤やカプセル、エキスなどが販売されていて有効性を見極めるのは困難になっています。

にんにくには有益な食材ゆえの副作用も有ります。
大きな副作用は過剰摂取が原因で消化不良や胃部不快感、子宮収縮の可能性なども有り、過剰摂取は禁物です。

卵黄にしても生姜にしても酢にしても、それぞれがにんにくの効果を阻害するものではありません。それ以外のナトリウムとかカリウムとかの成分なども入っていて、求める効果を考えながら購入することを勧めます。

いずれにせよ、にんにくは、身体に有効な物ですから、適度な摂取には効果を発揮するはずです。

亜鉛の適正摂取量、取り過ぎると?副作用は?

亜鉛の適正摂取量

亜鉛の適正摂取量

亜鉛の適正摂取量、取りすぎるとどうなる?

亜鉛は、身体を作る細胞に広く存在する必須ミネラルです。
多くは精液に含まれ、男性ホルモンの代謝には必要不可欠な栄養素で、射精や尿によって排泄され、バランスを保っています。

1日に8mg~10mgが必要とされていますが、体格や体重により幅が有るようです。身体で作ることが出来ないため、食事で摂取しなければなりません。

亜鉛不足

亜鉛の不足により性欲の減退ED、更に腎障害などを引き起こします。
精子の量も減り、男性ホルモン量も低下し不妊に至ります。
男性ホルモンが低下すると、様々な体の変調をきたし改善するためには時間を要します。

同じように、減った亜鉛を元に戻すのは、相当な時間を要し注意が必要になります。
貧血や記憶力の低下、筋肉が落ち、骨がもろくなり、様々なウイルスの感染力を弱めます。
更に重要なのは、白血球が体内の細菌を滅ぼす働きの抑制が困難になっていきます。

それ程、重要な役目を担う亜鉛ですから、適度な摂取が必要になります。
亜鉛を多く含む食材には、牡蠣、レバー、サンマ等の魚類、ナッツ、アーモンド、野菜などに含まれています。

亜鉛の消費には、性行為ストレス過度な運動アルコールの摂取などが大きくかかわります。
逆に不足の原因は、食事から十分取れていない事や摂取量と消費量のバランスが取れていない等があげられます。

過剰な摂取

亜鉛は適度な摂取が必要な物ですが、過度な摂取は禁物です。
亜鉛を摂取すると、精力が付くとか亜鉛は性のミネラルなどといったような文句でサプリメントが多く販売されています。
ただ過度な摂取で男性機能が高まるとかは有りません。

逆に過度な摂取によって血液中の濃度を低下させたりするリスクを伴います。
亜鉛の取りすぎは嘔吐やめまいを引き起こし、胃痛、発熱も伴い急性亜鉛中毒と称されます。

一時的な過剰な摂取には余り影響はないとされますが、継続的な過剰摂取は貧血や免疫機能の低下、白血球の減少、コレステロールの異常などが現れます。

一般的には食事から亜鉛の量を調べながら摂取することは大切な事ですが、これは大方不可能な事です。

食べ合わせ

そこで、食べ合わせの良い物、悪いものを知るのも方法かもしれません。
食べ合わせの良い物にはビタミンCがあげられます。
これは、亜鉛の吸収を高めるキレート作用と言うものによって効果が有ります。
クエン酸もビタミンCと同じ吸収を高める働きが有ります。

亜鉛を多く含む牡蠣に、ビタミンCやクエン酸を多く含む生レモン汁を食べるのは多いに効果的な食べ方になります。

動物性たんぱく質も吸収を妨げる食物繊維などの影響を低下させる働きが有って、食べ合わせには有効となります。

食べ合わせの悪い代表は植物繊維です。
植物繊維は整腸作用などに効果的で必要な物ですが、亜鉛とは相性が悪いようです。
植物繊維は亜鉛を含むミネラルを吸着し吸収を阻害します。

インスタント食品に含まれる食品添加物のフィチン酸、ポリリン酸も亜鉛の吸収を妨げます。

いずれにしても亜鉛は必須ミネラルで身体に必要な物ですが、適度な摂取を心がけなければなりません。

男性の性欲アップに効果的な食品や成分   

男性の性欲アップ

男性の性欲アップ

性欲減退の原因には加齢、血行不良、代謝不足、男性ホルモンの分泌の減少、更にはストレス、生活習慣など数えきれないほどの原因が有ります。
生活習慣にはストレス、喫煙、運動不足、食事などがあげられます。

男性ホルモン

中でも性欲には、男性ホルモンの分泌が大きくかかわります。
男性ホルモンは精巣で作られて分泌され、筋肉増強や性欲の亢進、男性器の発達には欠かせない成分です。
男性ホルモンの低下は男性機能の低下や、肥満、性欲の減退などを引き起こします。
メタボの人達は、ほぼ男性ホルモンの分泌の低下が原因とされています。

男性ホルモンは神経や血流が作用し、勃起を促し、異性を引き付けるフェロモンを発生させる働きも有り、血流の低下などは動脈硬化などを促します。

イライラしたり、筋肉痛や不眠、記憶力の低下、集中力の低下などの症状が有る場合は男性ホルモンの低下と考えるべきです。

男性ホルモンの分泌を高めるためには十分な睡眠をとることが有効とされています。
睡眠でも熟睡することが肝心で、規則正しい生活が求められます。

男性ホルモンは、活性酸素による酸化には弱いとされていますが、タマネギ、ニンニクなどは抗酸化作用に強く、食事に含むと効果が有るとされています。
スイカ、ウリ類なども血管を拡張させる作用が有り有効です。
牡蠣など亜鉛を多く含むものも効果を発揮します。

男性ホルモンの最も手軽な目安は、朝立ちとされています。
朝立ちは性欲などとは関係が無く、熟睡したか、ストレスが無いか、男性ホルモンの量は正常かなどの条件が満たされて起きる症状です。
ただし年齢に関係が有り、40歳代で週一位が目途になります。

亜鉛

亜鉛などが、分泌促進に優れた効果を表すことが知られています。
亜鉛は身体の必須微量元素で、酵素の活性化に関与するミネラル類の必須な成分です。
身体では作られないため、食事などで摂取しなければならず、不足すると貧血や精子形成の減少、免疫機能の低下などを起こします。

トンカットアリ

トンカットアリという食材が有ります。
トンカットアリは熱帯雨林地帯に自生するハーブ木の一種で、その根は体力増強や清涼強壮に効果が有ると言われている食材です。

ビタミンB1を多く含み必須アミノ酸や亜鉛、ミネラルなども含みます。
ビタミンB1は疲労回復に効果が有ります
人間の体はエネルギーを出すときに同時に乳酸を発生させ、乳酸が溜まることによって体を酸性にし疲れやすくします、この溜まった乳酸を燃やすのがビタミンB1と言われ疲れを取るとされています。

必須アミノ酸やミネラルなどは、最適なホルモンを作りホルモンのバランスを整える働きや筋肉修復の働きもします。

トンカットアリにはアルギニンやカリウムと言う成分も含まれています。
アルギニンは成長ホルモンを促すアミノ酸の事で、タンパク質を作り男性ホルモンの分泌を促す作用も有り、精力増強につながっています。

血液循環促進作用やホルモンバランスを整える働きも有り、自律神経の正常化にも効果が有り、若返りの効果も有るとされています。
精子は主にタンパク質で出来ているため精子量の増量に役立っています。
カリウムは体内の水分保持のバランスを整えます。

身体作り

トンカットアリの特徴は、即効性は期待できず徐々に身体を作りながらスタミナも整え、血流を改善して性欲を高めていくものです。
副作用も無いため、続けて摂取することが性欲アップや生活改善に役立つと考えます。