亜鉛の効果

亜鉛の効果

亜鉛の効果

亜鉛の効果

最近、「薄毛は亜鉛不足が原因」。こんな言葉を聞いた事はありませんか?
では、亜鉛を多く取ると薄毛は解消される・・・?
美しい髪や爪を維持する効果がある亜鉛について、徹底解剖します。

亜鉛の効能

酵素を活性化
人間の体に必要な、約300種類の酵素を活性化させます。

ミネラルが豊富
髪や爪を維持するのが亜鉛のミネラル成分です。不足すると、髪や爪が乾燥してしまいます。

新陳代謝を促す
人間の身体は日々、細胞分裂を繰り返しています。亜鉛はこの細胞分裂を助ける働きがあります。

精子を作る
亜鉛は男性の精子を作るだけでなく、女性の卵巣にも働きかけます。

アルコールを分解
アルコール脱水酵素がアルコール分解するときに、亜鉛が必要になります。

免疫を高める
亜鉛には免疫を活性化させる作用があります。亜鉛をたくさん取ると、風邪を引きにくくなるといわれています。

味覚を活性化
亜鉛は味覚細胞の形成に必要な成分です。亜鉛不足になると味覚障害が起きるといわれています。

リラックス効果
亜鉛は脳内の記憶や精神を安定させる部位に強く作用します。

血糖値を下げる
糖の代謝に必要なインスリンを作るために亜鉛が必要になります。

子供の成長に

胎児を成長させる
亜鉛は胎児の細胞分裂に必要不可欠です。妊婦は大量の亜鉛が必要になります。

体を作る
細胞分裂が活発な子供には、亜鉛が大量に必要です。亜鉛が不足すると背が正常に伸びなかったり、体重が増加しないなどの、成長遅滞を起こします。

骨を作る
亜鉛は、インスリン様成長因子の働きを助け、骨の成長を促します。

亜鉛が欠乏すると・・・

亜鉛は細胞分裂に必要なミネラルです。このため、亜鉛が不足すると子供や思春期の青少年の成長が妨げられ、大人も新陳代謝が正常に行われなくなります。

・肌の乾燥、シミやシワが増える

・脱毛、薄毛、髪が細くなり傷みやすくなる

・爪が乾燥し、薄くなる

・男性の精子欠乏、勃起不全

・女性の生理不順

味覚障害

・目の疲れ、かすみ目、視力障害

・胎児の成長不全による流産や異常妊娠

・物忘れが激しくなる、記憶障害

・免疫力の低下、肉体疲労

・気分がふさぎこむことによる、うつ病の発症

亜鉛を体内に取り入れるには、亜鉛を多く含む牡蠣やウナギ、牛肉、レバー、たらこなどを食べるといいとされています。

もっと効果的に摂取したい場合は、サプリメントなどを上手に使って補うのがよいでしょう。1日に必要な摂取量は7mg~9mgといわれています。