男性の性欲アップに効果的な食品や成分   

男性の性欲アップ

男性の性欲アップ

性欲減退の原因には加齢、血行不良、代謝不足、男性ホルモンの分泌の減少、更にはストレス、生活習慣など数えきれないほどの原因が有ります。
生活習慣にはストレス、喫煙、運動不足、食事などがあげられます。

男性ホルモン

中でも性欲には、男性ホルモンの分泌が大きくかかわります。
男性ホルモンは精巣で作られて分泌され、筋肉増強や性欲の亢進、男性器の発達には欠かせない成分です。
男性ホルモンの低下は男性機能の低下や、肥満、性欲の減退などを引き起こします。
メタボの人達は、ほぼ男性ホルモンの分泌の低下が原因とされています。

男性ホルモンは神経や血流が作用し、勃起を促し、異性を引き付けるフェロモンを発生させる働きも有り、血流の低下などは動脈硬化などを促します。

イライラしたり、筋肉痛や不眠、記憶力の低下、集中力の低下などの症状が有る場合は男性ホルモンの低下と考えるべきです。

男性ホルモンの分泌を高めるためには十分な睡眠をとることが有効とされています。
睡眠でも熟睡することが肝心で、規則正しい生活が求められます。

男性ホルモンは、活性酸素による酸化には弱いとされていますが、タマネギ、ニンニクなどは抗酸化作用に強く、食事に含むと効果が有るとされています。
スイカ、ウリ類なども血管を拡張させる作用が有り有効です。
牡蠣など亜鉛を多く含むものも効果を発揮します。

男性ホルモンの最も手軽な目安は、朝立ちとされています。
朝立ちは性欲などとは関係が無く、熟睡したか、ストレスが無いか、男性ホルモンの量は正常かなどの条件が満たされて起きる症状です。
ただし年齢に関係が有り、40歳代で週一位が目途になります。

亜鉛

亜鉛などが、分泌促進に優れた効果を表すことが知られています。
亜鉛は身体の必須微量元素で、酵素の活性化に関与するミネラル類の必須な成分です。
身体では作られないため、食事などで摂取しなければならず、不足すると貧血や精子形成の減少、免疫機能の低下などを起こします。

トンカットアリ

トンカットアリという食材が有ります。
トンカットアリは熱帯雨林地帯に自生するハーブ木の一種で、その根は体力増強や清涼強壮に効果が有ると言われている食材です。

ビタミンB1を多く含み必須アミノ酸や亜鉛、ミネラルなども含みます。
ビタミンB1は疲労回復に効果が有ります
人間の体はエネルギーを出すときに同時に乳酸を発生させ、乳酸が溜まることによって体を酸性にし疲れやすくします、この溜まった乳酸を燃やすのがビタミンB1と言われ疲れを取るとされています。

必須アミノ酸やミネラルなどは、最適なホルモンを作りホルモンのバランスを整える働きや筋肉修復の働きもします。

トンカットアリにはアルギニンやカリウムと言う成分も含まれています。
アルギニンは成長ホルモンを促すアミノ酸の事で、タンパク質を作り男性ホルモンの分泌を促す作用も有り、精力増強につながっています。

血液循環促進作用やホルモンバランスを整える働きも有り、自律神経の正常化にも効果が有り、若返りの効果も有るとされています。
精子は主にタンパク質で出来ているため精子量の増量に役立っています。
カリウムは体内の水分保持のバランスを整えます。

身体作り

トンカットアリの特徴は、即効性は期待できず徐々に身体を作りながらスタミナも整え、血流を改善して性欲を高めていくものです。
副作用も無いため、続けて摂取することが性欲アップや生活改善に役立つと考えます。